SLGサークル「無名戦士(群馬)」と「大阪無名戦士(大阪)」の案内


by nameless-grave
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

無名戦士の沿革

2000年12月
当時の管理人(宮永)の個人的シミュレーションゲーム記録サイト「無名戦士の墓」開設
2001年9月
群馬県太田市/大泉町のゲーマーを中心に、シミュレーションゲーム「無名戦士」が発足。以後、月に1度のペースで、群馬県大泉町の公共施設「文化むら」を拠点に活動を開始。以後、旧「足利シミュレーションゲーム研究会」の元会員などを中心に人数を増やしながら参加者を伸ばす。
2003年3月
管理人(宮永)が大阪に転職。以降、遠田氏が「無名戦士」の管理を引き継ぎ、現在に至る。

平均参加人数:7〜8名
参加者平均年齢:30代中〜後半
会員資格:ゲームが好きならば問題なし。ただし、決して他人のゲームを「くささない」こと。
参加費 施設使用料(ジュース代込み) 一人300円。遠田氏が管理。余剰金はプールして、宿泊例会などに援用する。

その他、お問い合わせは
遠田(enda@sannet.ne.jp)まで 
*スパム防止のため、最後のjpのみ2バイト文字になっています。注意してください。

文化むらの場所は
e0003655_051237.gif
[PR]
by nameless-grave | 2005-06-14 00:54 | プロフィール